about

創業大正十年。
さかなの街・焼津のさつま揚げ屋です。

初代から続く伝統の味を守りつつ、
オリジナリティー溢れる「おいしさの創造」に日々挑戦しています。

原料となるすり身を先代より受け継いだ石臼で丁寧に練り上げ、
季節の具材等を使用して、彩り豊かなさつま揚げを生産しております。


大切なあの方へ。

いつもお世話になっているあの方へ。

たまには自分へのご褒美に。


静岡の港町・焼津で愛される伝統の味を全国にお届けします。



【商品開発へのこだわり】
創業当時からの製法を守りながらも、新しい味・食感を常に追求しながら日々ものづくりを行っております。
代々変わらないもの。時代に合わせて変わっていくもの。
それぞれの良さをミックスしながら、季節に合わせた素材を使って行う商品開発は非常に刺激的で面白く、
その楽しさが商品にも表れていると自負しております。



【素材へのこだわり】
主原料は北米・ベーリング海で獲れた「スケソウダラ(スケトウダラ)」の魚肉すり身を使用しております。
スケソウダラのすり身は、それ自体に旨味は少なく非常にたん白な風味ですが、練製品で最も重要である食感(アシ)が強く、とてもしなやかな食感を生んでくれます。
また、たん白な味である事から混ぜ合わせた素材の味を十分に活かす事が出来るのも特徴。
練製品は魚肉が主原料である事から「高タンパク・低カロリー」という特徴があり、健康食としても非常に有用です。

製品を揚げる際に使用する油は「菜種油」。
菜種油の栄養成分は肝機能の向上を助けることでも知られています。また、菜種油に含まれる脂肪酸は体の代謝を正常に整えてくれ、リン脂質は血管や神経、大脳の発育にも効果があるため、揚物を食べる事で意識的に美味しく適度に摂取することが出来ます。



【hanoji no nerimon(はの字のねりもん)について】
伝統の味を大切にしながらも伝統に囚われない、
新しい味、新しいアプローチ、新しい組み合わせ、新しい商品等、
はの字の挑戦を形にした商品を取りそろえたブランドです。
【nerimon(ねりもん)】とは【練物(練製品)】の意。
お客様に驚いていただける商品作りを心掛けております。

是非一度【hanoji no nerimon】をご賞味下さい。



【会社名】株式会社はの字食品
【事業者の名称】代表取締役  服部一男
【事業者の所在地】〒425-0087 静岡県焼津市保福島353-1
【設立】1981年(昭和56年)5月
【資本金】2000万円
【従業員数】30名(パート従業員含む)
【事業内容】魚肉練製品製造・販売
【事業者の連絡先】TEL:054-628-2545(代表)
【営業時間】9:00-16:00
【定休日】水曜日・日曜日・祝日